2018年9月23日(日)

F2後継機開発、国産で 自民国防議連が提言

2018/6/20 20:00
保存
共有
印刷
その他

 自民党国防議員連盟の衛藤征士郎会長は20日、首相官邸で安倍晋三首相と会い、F2戦闘機の後継候補となる戦闘機について国内企業主導で開発するよう求める決議文を手渡した。F2は2030年ごろから退役する予定だ。政府は後継機を巡り国産にするか、国際共同開発か、既存機の改修かの3案から選ぶ。決議では防衛産業の技術を伝承する必要性や維持費の低さを理由に挙げた。

 衛藤氏によると首相は「開発と取得と運用・維持(費用)のバランスをよく見て考える」と応じたという。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報