2018年9月24日(月)

ゆるみとゆがみ 動かぬ日銀に「我慢の限界」
価格忘れた国債

政策研究
コラム(経済・政治)
2018/6/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 日銀の異次元緩和は6年目に入り、日銀による大量の国債買い入れが市場の機能不全を招いている。長期金利をゼロ%程度に固定する政策が長く続くとの見方から、投資家は金利がつかない国債の取引と距離を置きはじめた。政府は低い金利を前提に甘い財政健全化のプランを描き、ゆるんだ財政は将来の金利急変動のリスクをはらむ。

 「取引システムを動かす電気代が無駄」。ある証券会社の担当者は、金利や株価の動きを追う電光ボード…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報