2018年9月26日(水)

9/26 14:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: TATERU、不正を予想したヘッジファンド[有料会員限定]
  2. 2位: 株、配当落ち埋める先高観 相場とVI同時上昇が映す強気[有料会員限定]
  3. 3位: 東証10時 小安い、値がさ株の上げ支え 自動車は下げ目立つ
  4. 4位: 東証前引け 小幅続伸、値がさ株が押し上げ 配当落ち分を埋める
  5. 5位: 視野に入る年初来高値 円安進む経験則も[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,865,236億円
  • 東証2部 92,613億円
  • ジャスダック 103,102億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.37倍 --
株価収益率15.22倍15.49倍
株式益回り6.56%6.45%
配当利回り1.60% 1.64%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,012.62 +72.36
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,970 +230

[PR]

スクランブル

フォローする

「上方修正期待」に暗雲 株、強気銘柄に売り圧力
証券部 嶋田有

2018/6/20 18:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 どうやら市場では企業業績の上方修正期待がしぼみはじめたようだ。アナリストの業績予想が強気であっても株価が下げる銘柄が増えているためだ。20日の日経平均株価は急反発したが、個別銘柄の値動きを点検すると経営環境の変化への警戒が見え隠れする。

 「半導体関連企業で受注が後ろ倒しになっている」。三井住友アセットマネジメントの平川康彦氏は企業取材を通じて受注動向の「異変」を感じている。

 韓国サムスン電子、米…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム