/

この記事は会員限定です

トルコ選挙、NGOや野党が不正防止へ奔走

全投票箱を監視

[有料会員限定]

【イスタンブール=佐野彰洋】24日のトルコの大統領選と国会総選挙が近づき、投開票時の不正を防ごうと非政府組織(NGO)や野党が監視態勢の構築に奔走している。トルコ全土を網羅し、約18万の投票箱全てに監視ボランティアらの配置を目指す。選挙戦のさなかに衝突が起きるなど緊張が高まっており、人海戦術とIT(情報技術)を組み合わせて政権与党の組織力に対抗する。

2017年の憲法改正を受け、選挙後には現行の議...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1022文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン