競馬実況アナ日記

フォローする

我がまち・福島 そして福島競馬100周年

(1/2ページ)
2018/6/23 6:30
保存
共有
印刷
その他

福島競馬場は6月28日で、最初に競馬が行われてから100周年を迎える。福島競馬場のある福島市は福島県の県庁所在地で、様々な行政機関が立ち並ぶ。市街地からそう遠くない場所に飯坂温泉、土湯温泉、高湯温泉など伝統ある温泉地が連なり、冬場は少し車を走らせればスキーも楽しめる。農産物の生産が盛んで、キュウリなどの野菜をはじめ、この季節は桃やサクランボなどの果物が旬。そして、全国の都市の中で最も競馬に親しんでいる街だ。競馬を開催している時期に駅前や市の中心部を歩くと、競馬の匂いが感じられるのは全国でも福島だけ。その福島で私は生まれ育った。

子供のころ、床屋さんにいくと、ハサミで髪を切っていたおばさんが「やっぱり◎◎騎手を買っておけば間違いないんですか?」などと他の客と話していた。百貨店の電気製品売り場の横を日曜の午後3時すぎに通ると、競馬中継の映像の前に人だかりができていた。

震災後の福島競馬再開を告げるキャッチフレーズを映したターフビジョン

震災後の福島競馬再開を告げるキャッチフレーズを映したターフビジョン

高校(当時は男子校)では、現代国語のA先生が月曜の授業のマクラに「昨日、数学のB先生に教えてもらって万馬券が当たってな」という話をしていたものだ。3年の学園祭では競馬好きのクラスの有志が集まり、競馬場から写真パネルなどの資料を借りてきて、秋の文化祭で研究発表と称して展示スペースをつくった。顧問になってもらう先生探しに迷って、同級生だった野球部主将のC君の紹介でこわもての監督(体育教師)のD先生に、ちょっとビクビクしながらお願いしにいったのを覚えている。この展示を一番喜んでくれたのは先生たちだったのだが……。

その後、地元の大学に進んだ数人の競馬仲間は馬術部に入り、競馬場で練習をしながら福島競馬の開催日は場内でアルバイトをしていた。残念ながら大学に受からなかった私は1年の浪人生活の後、首都圏の大学に入学。卒業後に何の因果か競馬中継の仕事に携わることになった。

巨大地震がもたらした危機

高校卒業から30年以上たった2011年3月11日。東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が福島の街を襲った。震度5強から6弱の揺れはガスや水道、道路などのライフラインや公共施設、家屋などに甚大な被害を与えた。地元ラジオ局のみなさんは入浴もままならない中、睡眠時間を削って24時間体制で放送を続けたという。最も深刻だったのは津波が襲った東京電力福島第一原子力発電所の影響。水道水をはじめ飲食物のモニタリングが実施されただけでなく、土壌や河川、動植物についても厳格な検査が続いた。県内各地の1時間ごとの空間線量率測定値も毎日、公表された。自慢の野菜や果物の出荷は難しくなった。自粛ムードと風評被害で観光客の足も遠のいた。温泉地は避難住民の受け入れにサービスの多くを割く状況だった。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

競馬のコラム

電子版トップスポーツトップ

競馬実況アナ日記 一覧

フォローする
雨模様だった11月23日の東京。最終レースの時間帯はこの暗さ

 日没の時刻が早まってきて、年の瀬を感じる方も多いのではないでしょうか。このコラムが皆さんの目に触れる12月7日の東京の日没は16時28分。ラジオNIKKEIの競馬中継は、競馬開催日の16時45分まで …続き (12/7)

武豊は勝ったときも負けたときも自然体でコメントしてくれる=共同共同

 ラジオNIKKEIのアナウンサーは他局に比べて、競馬場での仕事量は圧倒的に多い……と思う(たぶん)。レース実況はもちろん、進行のアナウンス、騎手の節目勝利のインタビューなど、しゃべる仕事の次に、場合 …続き (11/23)

20年の小倉開催は7月末から3週休みとなり、今年は8月4日に行われた小倉記念も8月16日に移る(19年小倉記念を勝ったメールドグラース)=JRA提供JRA提供

 「夏の小倉が減るかも」「夏は札幌が増えるみたいだ」……。今年の夏から秋にかけて、色々な噂が飛び交っていた。根も葉もない噂は立たない、しかし公式の発表があるまでは受け流そう。そんな思いを抱えて10月2 …続き (11/9)

ハイライト・スポーツ

[PR]