/

優秀トレーダーにFXお任せ エキサイトが新サービス

エキサイトは20日、初心者がFX取引をトレーダーに一任できるサービス「macaso(マカソ)」を始めると発表した(エキサイトワンの臼田琢美社長(左)とエキサイトの手塚正純社長(右))

エキサイトは20日、初心者がFX取引をトレーダーに一任できるサービス「macaso(マカソ)」を始めると発表した。取引回数や勝率を基にランク付けした100人のトレーダーを選ぶと、ユーザーの投資分をトレーダーの取引に応じて自動売買する。時間や経験がなくてもFXに挑戦し、安定的に利益を上げたい投資初心者をターゲットにする。

子会社のエキサイトワン(東京・港、臼田琢美代表取締役社長)を通じて20日に口座開設の申し込みを受け付け、夏にサービスを始める。ユーザーはマカソに口座を開設、エキサイトが選んだ実績のあるトレーダー「マカソムリエ」から取引を任せたい人を選び、投資額などを決めたら、FX取引を一任できる。FX取引システムのズールトレード(ギリシャ)で売買状況を開示している世界3万人のトレーダーからエキサイトが選んだ100人をマカソに表示、4時間ごとにランキングを更新する。

ユーザーは通常のFX取引でかかる手数料はかからないが、代わりにトレーダーへ助言報酬を支払う。報酬の比率は非開示だが、通常の取引手数料より数%高くする。代わりに時間や取引ノウハウがなくても、安定的な運用益を狙える可能性がある。臼田社長は「情報収集や取引の時間が取れない投資初心者でも、安定的に利益を狙える」とマカソのメリットを説明。投入資金の有効性を示す投資利益率(ROI)や取引数からマカソムリエとして最適なトレーダーを選ぶ。

エキサイトは2007年にFX事業に参入したが、エンタメ事業などへの投資を優先するため、08年に撤退。17年9月にFX取引を手がけるアリーナ・エフエックスを買収し、10月にエキサイトワンに社名変更して再参入した。カブドットコム証券の立ち上げを経てマネックス証券の執行役員を経験した臼田氏がエキサイトワンの社長に就任した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン