/

この記事は会員限定です

マネックス、PTSを再提供 来春にも

個人投資家の利便性向上狙う

[有料会員限定]

マネックス証券は、2019年春にも私設取引システム(PTS)の提供を再開する。SBIジャパンネクスト証券(東京・港)と、チャイエックス・ジャパン(東京・港)が運営するPTSサービスにそれぞれ接続する。来年夏にも解禁されるPTSでの信用取引にも対応する予定だ。個人投資家の取引の利便性を高める狙いがある。

マネックスはかつて、自前のPTS「マネックスナイター」を運営していた。ただ売買が低迷し、11年末...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り209文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン