/

この記事は会員限定です

孫氏が買った「ゴールドマン」 後継レース号砲

[有料会員限定]

ソフトバンクグループの新経営体制が始動した。20日の株主総会で刷新した経営陣のうち、注目は副社長ポストだ。今回初めて3人を置き、外部からも招いた。運用額10兆円のファンドを武器に世界中に投資する同社の戦略は孫正義会長兼社長が描いてきた。後継レースでは3人が先頭を走ることになるが、カリスマ経営者から引き継ぐハードルは極めて高く、別の候補が浮上する可能性も残る。

副社長のポストは、孫氏自ら後継候補として招いたニケシュ・ア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1730文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン