日本サッカー世界への挑戦

フォローする

幸運を勝利に導いた西野監督のアドバイス
サッカージャーナリスト 大住良之

(1/2ページ)
2018/6/20 17:00
保存
共有
印刷
その他

サッカーには、うまくいっていなかったチーム状態を劇的に改善する一つの「薬」がある。「勝利」である。

ワールドカップの初戦で強豪コロンビアに2-1の勝利。6月12日に最後の強化試合でパラグアイに4-2で快勝したものの、ワールドカップでの1勝はそれと比較にならない重み、インパクトがある。日本代表の士気は大きく上がり、それによってチーム状態も急速によくなると期待したい。

実質的に3週間、その間に強化試合を3試合しかこなすことができなかった西野朗監督。このコロンビア戦も相手が3分という早い時間に退場で10人になっていなければ、ずっと苦しい試合になっただろう。香川真司の見事なPKで先制したものの、前半の選手たちのプレーぶりを見ながらこのまますんなりと勝てるとは思わなかった。実際、39分には与えなくてもいいFK(キープすべき場面で長友佑都が慌ててクリアしようとし、ミスキックになった)で同点に追いつかれた。

PKでリードした後、日本は極端に消極的になり、リズムが崩れてミスを繰り返した。イージーなパスミスが多く、15分に乾貴士が得意であるはずの角度からのシュートをミスすると、以後はほとんど攻撃の形ができなくなった。そしてハーフタイムを1-1で迎えた。

「ポジショニングで優位に」

その状況を救ったのは、ハーフタイムの西野監督のアドバイスだった。

「数的優位が試合の優位というわけではない。ポジショニングで優位に立たないと、数的優位がアドバンテージにはならない」

後半は両サイドバックが積極的に前のMFをサポートしたり追い越していったりする動きが生まれ、サイドで相手と2対1の形ができたことで、ほぼ試合をコントロールでき、それが勝利につながった。

試合のデータを見ると、前半のボール支配率は日本の51%に対しコロンビアは49%。シュートも5対5(枠内2対3)と互角だったものが、90分間のデータでは58%対42%。後半のシュート数は9対3(枠内4対0)と圧倒的だった。

西野監督は70分に香川に代えて本田圭佑を投入(そのほぼ最初のプレーが大迫勇也の決勝点を生んだ左CKだった)、足を痛めた柴崎岳(この試合のMVPといってよかった)に代えて山口蛍、そして足がつった大迫に代えて岡崎慎司を送り出した。リードされて前に出ようとしたコロンビアを本田のボールキープが止め、山口は守備で穴をつくらず、岡崎は最前線での追い回しで守備陣を大きく楽にした。「西野采配」は絶好調だった。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

日本代表のコラム

電子版トップスポーツトップ

日本サッカー世界への挑戦 一覧

フォローする
仙台―川崎の後半、逆転ゴールを決め跳び上がって喜ぶ川崎・小林(右)=共同共同

8月末まで「入場者5000人」の「超厳戒態勢」を維持することになったJリーグで、川崎フロンターレが独走している。
 7月4日に再開されてから勝ちっ放しの7連勝。勝ち点を22に伸ばし、2位(セレッソ大阪、 …続き (8/6)

札幌の練習を見守るサッカー日本代表の森保監督(千葉市)=共同共同

 7月11日から5日間、今春完成したばかりの「高円宮記念JFA夢フィールド」(千葉市)で男子U-19(19歳以下)日本代表のトレーニングキャンプが行われた。3月に米国で行われた国際親善大会「シービリー …続き (7/23)

大分・田中(右から2人目)は後半途中から出場。2点目のゴールを決め、肘タッチで喜ぶ=共同共同


 リモートマッチ(無観客試合)ながらようやく再開したJリーグ。7月4日に約4カ月半ぶりの試合を行ったJ1では、期待以上の激しさが見られた。
 そうしたなか、今後の戦いに少なからぬ影響を与えそうなのが、今 …続き (7/9)

ハイライト・スポーツ

[PR]