2018年11月15日(木)

コンパクトシティを考える(1) 都市の人口減り「スポンジ化」
諸富徹 京都大学教授

やさしい経済学
コラム(経済・政治)
2018/6/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

私たちは今、本格的な人口減少社会の入り口に立っています。日本の総人口は2008年にピークを打った後、毎年20万人前後のペースで減少してきました。国立社会保障・人口問題研究所の推計によれば、今後このペースが上がり、20年代は毎年50万~70万人、30年以降には毎年70万~90万人もの減少となるのです。

人口減少の影響はすでに表れ始めています。働き手不足、空き家の増加、郊外住宅価格の下落、コンビニ売…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報