2018年7月22日(日)

追突、通話相手を書類送検 岐阜・大垣の名神事故

中部
2018/6/20 9:41
保存
共有
印刷
その他

 岐阜県大垣市の名神高速道路で3月、大型トラックが観光バスに追突し乗客ら35人が重軽傷を負った事故で、岐阜県警は20日までに、トラックの運転手とスマートフォン(スマホ)で通話したとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)のほう助容疑で群馬県桐生市の男性運転手(47)を書類送検した。

 県警によると、通話相手を同法違反のほう助容疑で摘発するのは全国でも珍しいという。同僚で追突、死亡したトラックの男性運転手(56)=同市=も同法違反の疑いで容疑者死亡のまま書類送検した。

 事故は3月26日午後4時40分ごろ、名神高速上り線で発生。渋滞の後方で減速していた観光バスにトラックが追突し、バスは弾みで前方の大型トラックにぶつかった。バスの運転手ら2人が重傷、乗客ら33人が軽傷を負った。

 通話した男性運転手の書類送検容疑は、死亡した男性が高速を運転中と知りながら、スマホで通話を始め、対話アプリLINE(ライン)に送信した画像を見るよう促してスマホの画面を脇見させた疑い。

 県警によると、追突したトラックのドライブレコーダーや死亡男性のスマホの履歴を調べ、通話していたことが発覚した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報