/

運も味方 セネガルが初戦飾る

黒星まみれのアフリカ勢の、これが最初の白星だ。セネガルにとって、8強入りした2002年日韓大会以来2度目のW杯。シセ監督は「アフリカのプレゼンスを示すことができて誇らしい」。16年前は主将だった監督に率いられ、「テランガのライオンたち」が欧州の強国をぱくりと平らげた。

2得点は半ば幸運の産物だった。37分の1点目はポーランドのオウンゴール。23歳のFWニャンが決めた60分の2点目がまた振るっていた。

けがで一度ピッチを出たニャンに手当てが施され、主審が再入場を認める合図を送る。勇んで駆けこむニャン。ちょうどポーランドが自陣へ大きくバックパスをしたところで、慌てて飛び出てきたGKシュチェンスニの鼻先でニャンはちょんとボールに触れて入れ違い、そのまま代表初得点を蹴りこんだ。

GKに任せてバックパスをやりすごしたDFベドナレクは、ニャンの再入場に気づかなかったのか。「ラッキーだった。でも僕らはこの幸運に値するプレーをしたと思う」と笑う若獅子が、太平楽なシマウマののど笛をかき切ったわけである。

セネガルの守備陣に、そういううかつな選手はいなかった。

「テランガ」とは助け合いを意味する、この国の美風を表す言葉。代表チームも互恵主義に貫かれていて、各人がポーランドのパスコースを切り続け、FWレバンドフスキを柵で囲って閉じ込めた。この大エースに許したシュートは直接FKを含む2本だけ。見張り役のDFクリバリは「僕だけじゃない。みんなの力さ」。獲物も手柄もみんなで山分けだ。

次はコロンビア相手に金星を挙げた日本と顔を合わせる。シセ監督はにこりともせず「言っただろう。日本を軽んじてはいけないと。次も難しい試合になる」。ライオンたちはまだ満腹しておらず、次の獲物を安く見てもいない。

(モスクワ=阿刀田寛)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン