ベンチャーのOzaki、釧路に野菜工場 障害者活用

2018/6/20 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

農業ベンチャーのOzaki(北海道釧路市)は人工の光と水耕栽培で葉物野菜を育てる野菜工場を年内に釧路市内に新設する。気温や天候に左右されず、リーフレタスを年間を通じて安定供給できる体制を整える。建物や設備を含め総事業費は約1億8千万円。工場の従業員として知的障害者の雇用受け入れを検討しており、「農福連携」での事業展開を目指す。

野菜工場は釧路市内で夏に着工し、11月の稼働を予定している。平屋建て…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]