/

この記事は会員限定です

横浜銀新体制が始動、成長持続へ3つの課題

[有料会員限定]

横浜銀行は19日、取締役会を開き、大矢恭好頭取が率いる新体制が発足した。前頭取で同日、親会社のコンコルディア・フィナンシャルグループ(FG)の社長に就いた川村健一氏に続き、生え抜きのトップが地銀最大手をかじ取りする。地域密着型の経営を深化させる構えだが、新たな成長軌道に乗せるためには3つの課題が立ちはだかる。

【収益源を広域に】

横浜銀は県内の法人向け融資のメインバンクシェアで約2割と、メガバンクを抑えて首位に立つ。だが、地域ごとに分析...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1590文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン