お中元 自宅向け狙う 四国の百貨店でギフトセンター

2018/6/20 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

四国4県の百貨店で19日に専用のギフトセンターが出そろい、中元商戦が本格化してきた。各店とも地域色を打ち出した品ぞろえで需要を掘り起こす。ただ、若い世代を中心に中元を贈る習慣が薄れ、販売環境は厳しい。各社は自宅用としての「ついで買い」を促すことで、販売をてこ入れする考えだ。

高松三越(高松市)は19日、中元のギフトセンターを開設した。6月30~7月8日までの土日が販売のピークと予想し、菓子や麺類…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]