中朝首脳、3度目の会談 対米交渉へ連携強化

2018/6/19 18:09
保存
共有
印刷
その他

【北京=永井央紀】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長は19日、専用機で北京入りした。中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席と3度目の首脳会談に臨み、先の米朝首脳会談の結果について説明。週内にも開く次の米朝高官協議をにらみ、非核化をめぐる今後の対応について協議する。後ろ盾である中国との関係を固めて、対米交渉を有利に運びたい考えだ。

金正恩氏は20台以上の車列を組んで北京国際空港を離れた後、海外要人の宿泊施設である釣魚台迎賓館に入った。20日までの滞在期間中に習氏と会談する見通し。両首脳は3月に北京で初会談した後、5月にも遼寧省大連で再会談しており、今回が3回目。平壌からは北朝鮮の高麗航空の特別機が3機飛来しており、過去2回の訪中時よりも規模が大きいようだ。

金正恩氏はシンガポール訪問時の往復に中国から特別機の提供を受けており、会談時に謝意を伝える。関係筋によると金正恩氏の訪中期間中に予定する行事の一部には、中国共産党で外交を統括する外事工作委員会メンバーである王岐山国家副主席も参加するという。

中国外務省の耿爽副報道局長は19日の記者会見で「今回の訪中によって中朝関係をより深め、重要な問題における戦略的な連携を強め、地域の平和と安定を促進したい」と述べた。訪中をどちらが提案したかなど詳細については「訪中結果の発表時に明らかになる」と述べるにとどめた。

金正恩氏はシンガポールで12日に開いたトランプ米大統領との会談で「完全な非核化」への意思を共同声明の形で示し、米側から体制保証の確約を引き出した。ただ非核化の具体的な作業工程や期限はまとまらず、ポンペオ米国務長官と北朝鮮高官との今後の協議へ持ち越しになった。

朝鮮中央通信は「段階的かつ同時並行的な行動の原則を順守することが重要だ」とし、非核化が途中段階でも、経済支援などの見返りが必要と主張する。一方、ポンペオ氏は「完全な非核化が実現するまで制裁は解除しない」と明言しており、米朝の認識に溝がある。

中国外務省は「国連制裁決議には北朝鮮の決議順守の状況に応じて制裁の一時停止や解除を含む必要な調整をするとの規定がある」と北朝鮮寄りの姿勢を示しており、北朝鮮は今回の訪中で支持を取り付ける狙いがあるようだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]