/

参院も政見放送に事前収録映像 改正公選法が成立

参院選挙区の候補者が事前に収録した映像を持ち込み、政見放送に利用することができるようにする改正公職選挙法が19日、衆院本会議で与野党の賛成多数で可決、成立した。放送に手話通訳や字幕を付けることができるようになる。政党から公認や推薦を受けた候補者に認める。来年夏の参院選から適用する。

衆院小選挙区の候補者はすでに政見放送への映像の持ち込みが認められている。参院選挙区や比例代表は放送局で収録する方法に限られていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン