/

この記事は会員限定です

どこまで「骨太」(2)消費増税対策 反動減緩和、欧州に学ぶ

[有料会員限定]

経済財政運営の基本方針(骨太の方針)では、2019年10月に予定している消費税率10%への引き上げを「実現する必要がある」と明記した。14年4月に5%から8%に上げた際、増税後の一時的な物価上昇が消費を冷やした。同じ轍(てつ)を踏まないよう、政府は経済への影響を最低限に抑える対策を打ち出す。

食品や光熱費など値上げが相次いだ今春。それでも4月の消費者物価指数(CPI)の上昇は生鮮食品を除く総合で前...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り769文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン