2018年11月21日(水)

カウントダウン東京2020

フォローする

夢じゃない 陸上男子400リレーの金メダル
編集委員 北川和徳

(1/2ページ)
2018/6/20 6:30
共有
印刷
その他

1964年東京五輪で日本人が最も熱狂した種目はなんだろう。当時4歳だった自分にはほとんど記憶がないのだが、おそらく現在65歳以上の人の多くが、金メダルを獲得した女子バレーボールを挙げるのではないかと思う。では、2年後の東京で「東洋の魔女」のような存在となるチームはあるか? 希望も込めてではあるが、陸上の男子400メートルリレーに期待している。もし金メダルに輝けば日本のスポーツ史上で最高の快挙と呼べる。

約1カ月前の5月20日、セイコーゴールデングランプリ陸上(大阪)で、2年前に世界を驚かせたリオデジャネイロ五輪の銀メダルチーム=山県亮太(26)、飯塚翔太(26)、桐生祥秀(22)、ケンブリッジ飛鳥(25)=が久々に結成された。37秒85で圧勝した。

男子400メートルリレーを37秒85で制した(右から)山県、飯塚、桐生、ケンブリッジ=共同

男子400メートルリレーを37秒85で制した(右から)山県、飯塚、桐生、ケンブリッジ=共同

現状で37秒台、全員が手応え

日本記録は彼らがリオの決勝でマークした37秒60。シーズン前半でそれぞれが調整の途上、バトンパスも前日に合わせた程度の準備で臨んでいた。得意のバトンパスがスムーズでなかった部分もあり、それで37秒台が出たことに全員が手応えを感じた様子だった。「これなら日本記録はすぐ超えられる」(桐生)

相手は代表チームではないが、2017年世界陸上100メートルの覇者、ジャスティン・ガトリン(米国)や15年にアジア出身で初の9秒台をマークした蘇炳添(中国)も出場していた。1走で山県が2人と同走、前半はリードを許すだろうと予想したのだが、鋭いスタートで先行し、その後も後続との差は開く一方だった。

走力で強豪国に劣る日本の強さの秘密はどこにあるのか。手のひらを地面に向けてバトンを受け取るアンダーハンドパスの技術が挙げられる。無理な姿勢にならずにできるので、スピードが落ちにくい。しかも距離を稼げるように手を伸ばして受け渡しする。4人の100メートルのベスト記録の合計を持ちタイムとして計算すると、リオの決勝での日本は40秒38。これより2秒78速くゴールした。ジャマイカや米国(失格)を1秒以上も上回った。

さらに山県のスタートと3走桐生のコーナーワークも見逃せない。2人とも担当区間に関しては世界トップクラスの走りができる。

頼もしいのはリオ以降、メンバーそれぞれが走力をアップさせていることだ。桐生は9秒98の日本記録を樹立、日本人として初の9秒台に突入した。山県は10秒00、ケンブリッジは10秒08まで100メートルの記録を伸ばした。200メートルを主戦場としていた飯塚も17年に100メートルの自己ベストを一気に0秒14短縮する10秒08をマークした。リオ以前と比較して単純計算で4人合計0秒24も速くなっている。

  • 1
  • 2
  • 次へ
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

電子版トップスポーツトップ

カウントダウン東京2020 一覧

フォローする
ガバナンスコードの順守はスポーツ界全体の責務となる(左はJOCの竹田恒和会長、中央はスポーツ庁の鈴木大地長官)=共同共同

 不祥事が相次ぐスポーツ界のガバナンス強化のため、競技団体が順守すべきルール「ガバナンスコード」を国が策定する方向となった。超党派のスポーツ議員連盟の有識者会議が国への提言案としてまとめた。同議連の意 …続き (11/21)

9月のベルリン・マラソンで2時間1分台の世界新を出したキプチョゲ=ロイターロイター

 9月16日のベルリン・マラソンで2時間1分39秒の衝撃的な世界記録をマークしたエリウド・キプチョゲ(34、ケニア)がこのほど来日した。彼にシューズを提供するスポーツ用品大手ナイキが東京で開催するイベ …続き (11/14)

10月24日に開幕したTリーグ。日本のトップ選手の全力プレーを国内で観戦する機会が増える

 卓球のTリーグが10月下旬、スタートした。男女各4チームが半年間にわたり、全国各地で7回戦総当たりのリーグ戦を展開する。
 これまで水谷隼(木下マイスター東京)や張本智和(同)、石川佳純(木下アビエル …続き (11/7)

ハイライト・スポーツ

[PR]