2018年9月19日(水)

米韓、8月の軍事演習中止を決定 今後は「未定」

2018/6/19 7:37 (2018/6/19 10:59更新)
保存
共有
印刷
その他

 【ワシントン=永沢毅、ソウル=恩地洋介】米韓両政府は18日、8月に予定していた定例の合同軍事演習の中止で合意したと発表した。北朝鮮が求めてきた演習の中止に踏み切ることで、北朝鮮の完全非核化に向けた行動を促す狙いがある。軍事演習の中止は米軍のプレゼンスの低下につながり、東アジアの安全保障情勢に影響を与えるのは確実だ。

米韓合同軍事演習の状況を映すジョージ・ワシントン艦内の大型モニター=共同

 トランプ米大統領が12日の米朝首脳会談を受け、合同演習の中止を表明したのを踏まえた措置。中止するのは定例の米韓合同指揮所演習「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン」で、朝鮮半島有事に備えた指揮系統をシミュレーションする図上演習だ。

 米国防総省は「米軍は8月の演習のすべての計画立案を中止した」と発表した。ただ、朝鮮半島以外の太平洋での演習には「何ら影響はない」と表明した。マティス国防長官やポンペオ国務長官、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)が今週後半にこの問題を巡って協議する予定だ。

 韓国国防省も「今後も韓米は連合防衛に支障がないよう緊密に協調していく」と発表した。追加的な措置については米韓で引き続き協議するとした。

 トランプ氏は12日の米朝首脳会談後の記者会見で、米韓合同軍事演習を「挑発的だ」と指摘し、北朝鮮と対話している間の演習中止に言及した。8月の演習はコンピューターを使ったシミュレーションによる指揮所演習が中心で、戦略兵器や大規模な兵力を動員するわけではない。図上演習とはいえ北朝鮮指導部への直接攻撃を念頭に置いており、北朝鮮はかねて中止を求めてきた。

 聯合ニュースによると、同演習の中断は1990年以来、28年ぶり。当時は湾岸戦争への米国参戦に伴い一時中断した。同演習には米韓軍に加え、行政機関や民間人の一部も参加する。昨年の演習には増派人員も含めて米軍1万7500人が参加した。92年には北朝鮮の非核化対応の見返りに合同軍事演習「チームスピリット」の一時中止に踏み切ったこともある。

 米韓両政府は「一時中止」はあくまで米朝の対話が続く間の措置と位置づけている。ポンペオ国務長官は対話が滞れば、すぐに再開すると表明している。

 トランプ氏は将来の在韓米軍の縮小・撤退も明言している。朝鮮半島での米軍の存在感が低下すれば米国の抑止力に支障をきたすだけでなく、東アジアにおける中国やロシアとのパワーバランスにも影響を及ぼすことになる。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報