/

トランプ氏「宇宙軍」創設の検討指示 実現にはハードル

【ワシントン=鳳山太成】トランプ米大統領は18日、宇宙空間での軍事活動に専従する「宇宙軍」の創設を検討するよう国防総省に指示した。空軍や海軍などに次ぐ6番目の軍を設け、宇宙空間で激しい競争を繰り広げるロシアや中国に対抗する。ただ新たな軍の創設は政府内や議会に慎重な意見が多いほか、法改正が必要で実現にはハードルも多い。

トランプ氏が同日開いた国家宇宙会議で「米国を守るためには、単に宇宙で存在感を示すだけでは足りない。宇宙を支配しなければいけない」と強調した。これまでも宇宙軍創設に意欲をみせてきたが、正式に検討を指示したのは初めて。

現在は軍事衛星の運用など宇宙空間を活用した軍事活動は空軍が主に担っている。トランプ氏の構想は既存の宇宙部門を切り離し、空軍や海軍、陸軍、海兵隊などと同じ組織に格上げする。

ただ宇宙軍の創設には議会が法律を改正する必要がある。国防総省には組織の肥大化につながるなどとの理由で慎重な意見がある。同省の報道官は18日、多くの利害関係の意見を聞きながら、議会と共に慎重に検討していくとの声明を発表した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン