最新ニュース

フォローする

自己肯定の本田 控えの自分をどう変えるか

2018/6/19 6:30
保存
共有
印刷
その他

初戦のコロンビア戦に向けて調整する本田ら日本代表=沢井慎也撮影

初戦のコロンビア戦に向けて調整する本田ら日本代表=沢井慎也撮影

【サランスク(ロシア)=岸名章友】1次リーグH組の日本代表はサランスクで19日午後3時(日本時間同9時)から大会初戦となるコロンビア戦に臨む。この試合で日本選手最多となるW杯通算3得点の記録を持つ本田(パチューカ)は控えに回りそうだ。「スタメンとサブ、どちらでも与えられる役割で(チーム全体の)結果にコミットできると思う」と本田。集大成のW杯で自分に何ができるか、探っている。

本田の強みは自己肯定力なのだと学ばされる一幕があった。オーストリアの事前合宿中。チーム全体も本田自身も出来はよくない状態のころだ。「ここからは自信を過信に変えるフェーズ」と言い切った。過信の前に、自信さえ持てるかも分からないこの状況で?

型にはまることに疑いを持ち、普通の人間なら「道はない」と見なすところに道を見いだす。それが本田のサッカー人生だ。欧州の名の知れぬチームから出発し、トップリーグへステップアップするルートは本田が開拓したものといえる。肯定、可能性の発見、自己変革というサイクルで自分を高めてもきた。

世界基準の「個」をつかむための旅でもあっただろう。「サッカーは最終的には『個』。誰かの一振りが入るかどうか。戦術(だけ)でゴールは決められない。『個』だけを高めるためヨーロッパへ挑戦し続けてきた」

その姿勢は今にいたるまで変わらない。ただ2014年W杯以降は所属していたACミランで出番が減少し、メキシコのパチューカへ移った。世界基準の「個」から遠ざかった現実もある。

それでもACミランではトップ下しか受け入れなかったわけではなく、ウイングにも挑んで可能性を自ら切り開いてもいた。「プレースタイルはプロになって一度も固定したことはない。キャリアの晩年にこれだけ挑戦している選手もいないと思う」。通説に安住するのを嫌う本田のことだから、控え組に回った晩年の自分にも新たな発見を見いだすかもしれない。

現状を「この逆境、おれらしいな」とでも笑って肯定し、再び自分を変えていく。その方が、本田らしくていい。

最新ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

日本代表のコラム

W杯関連のコラム

電子版トップスポーツトップ

最新ニュース 一覧

フォローする
サッカー日本代表コーチで、東京五輪男子代表監督の森保一氏=共同共同

 日本サッカー協会は20日、次期日本代表監督を議論・推挙する技術委員会を開き、関塚隆・技術委員長に選任を一任した。東京五輪男子代表監督の森保一氏(49)が最有力候補で、26日の理事会での承認を経て正式 …続き (2018/7/20)

 日本サッカー協会は20日に東京都内で技術委員会を開き、東京五輪男子代表の森保一監督(49)が最有力候補となっている次期日本代表監督などについて議論する。委員会を経て、年齢制限のない日本代表と原則23 …続き (2018/7/19)

優勝を果たし、喜ぶエムバペ(左端)らフランスの選手=三村幸作撮影

 ロシアで開かれたワールドカップ(W杯)は、サッカーにまつわる様々な常識が揺さぶられ続けた32日間だった。
 優勝したフランスのデシャン監督も「このようなW杯は記憶にない」と話した。「タフでインテンシテ …続き (2018/7/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]