/

この記事は会員限定です

震源付近に3つの活断層 どれが動いたか特定できず

[有料会員限定]

大阪府北部で18日に発生した地震は比較的浅い場所が震源だったため、局所的に大きな揺れを記録した。震源付近には、マグニチュード(M)7を超す大地震の可能性がある3つの活断層が集まる。どの断層が動いたかによって、今後警戒が必要な地域が変わる。政府の地震調査委員会は緊急会合を開いて議論したが「検討が必要」と結論は出せなかった。

気象庁によると、震源の深さは約13キロメートル。地震の規模はM6.1で、M7...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り921文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン