2019年6月19日(水)

参院決算委論戦のポイント

2018/6/18 22:04
保存
共有
印刷
その他

参院決算委員会の論戦のポイントは次の通り。

【大阪北部地震】

二之湯智委員長 情報収集や人命救助に最善を尽くしてほしい。

安倍晋三首相 多くの被害が出ており、被災自治体と緊密に連携しながら災害応急対策に全力で取り組む。

松沢成文氏(希望)ブロック塀の倒壊で小学4年の女児が死亡した。通学路の安全対策は。

首相 通学路のブロック塀をどうするのかの問題も含め、閣僚会議でさまざまな議論をする。人命第一の考え方の下に議論したい。

【加計学園問題】

石上俊雄氏(国民民主)首相が2015年2月25日、加計学園の理事長と会ったとの疑惑が深まっている。

首相 当日の私の日程について、官邸として作った記録はない。(報道された)首相動静上は会っていない。

【森友文書改ざん】

滝波宏文氏(自民)財務省内の綱紀粛正徹底と、再発防止をどのように確保するか。

麻生太郎財務相 真摯に反省し、再発防止の徹底した取り組みを進めたい。

石上氏 麻生氏には、閣僚の資格がない。

首相 麻生氏には、先頭に立って再発防止対策を講じることで責任を果たしてほしい。

辰巳孝太郎氏(共産)大阪航空局と近畿財務局のやりとりの文書を独自入手した。生々しいやりとりが記載されている。

首相 事前に質問の通告がない。今の段階では架空の状況だから、答えようがない。

【北朝鮮問題】

河野義博氏(公明)日朝首脳会談の実現に向けて動くのか。

首相 拉致問題の解決には大きな決断が必要となる。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長には米朝会談を実現した指導力がある。日朝でも新たなスタートを切り、相互不信の殻を破って拉致問題を解決したい。最後は私自身が金氏と向き合い、首脳会談を行わなければならない。

風間直樹氏(立民)9月にロシアや米国で行われる国際会議の際に、日朝首脳会談を行うか。

首相 拉致問題を解決するためには、どのようなチャンスも見逃すつもりはない。行う以上は、核、ミサイル、拉致問題の解決に資する会談としなければならない。

風間氏 拉致問題を解決せずに、経済協力することはあるのか。

首相 拉致問題が解決しなければ国交正常化はない。北朝鮮に経済協力を行うこともない。

【地上型イージス】

又市征治氏(社民)北朝鮮に対するミサイル防衛の迎撃システム「イージス・アショア」の配備を中止しないのか。

首相 わが国を射程に収める数百発の弾道ミサイルが存在している事実から目をそらすことはできない。国民を守るために真に必要な防衛力は、今後も強化を図っていく必要がある。

【参院定数6増法案】

清水貴之氏(維新)自民の党略と言わざるを得ない。許していいのか。

首相 行政府の長として立法府の根幹に関わる問題について見解を述べることは適切ではない。議会で判断していただきたい。

【子どもの貧困】

平山佐知子氏(国民の声)子どもの貧困対策は。

首相 貧困対策は未来を担う子どもたちへの投資であり、引き続き全力で取り組む。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報