/

女児下敷きのブロック塀、建築基準法に適合せず

(更新)

大阪府高槻市は18日夜、記者会見し、市立寿栄小4年の女児(9)が下敷きになり死亡したブロック塀について、建築基準法に適合していなかったと明らかにした。高さが基準を超え、塀を固定する構造も備えていなかったという。

プールの塀が倒壊し、女子児童が死亡した現場(18日午後、大阪府高槻市の市立寿栄小学校)

市によると、ブロック塀は幅約40メートルにわたり倒壊した。高さ1.9メートルの基礎部分と同1.6メートルのブロック部分があり、全体で同3.5メートルだった。高さの上限を2.2メートルと規定した建築基準法の施行令に違反するとしている。

また、高さが1.2メートルを超える場合に必要とされる塀を固定する設備もなく、同施行令に反するという。市はこうしたブロック塀が放置されていた理由について「詳細は調査中だ」と繰り返した。

ブロック塀の倒壊は過去の地震でも問題になった。1978年の宮城県沖地震では、18人がブロック塀などの下敷きになり死亡。これを受け、国は81年に建築基準法施行令を改正し、高さの上限を3メートルから2.2メートルに引き下げるなど規制を強めた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン