/

東葉高速鉄道の前期、単独税引き益17%増

千葉県が筆頭株主の第三セクター、東葉高速鉄道(千葉県八千代市)が18日発表した2018年3月期の単独決算によると、税引き利益は前の期比17%増の25億5800万円だった。沿線人口の増加で運輸収入が増えたほか、支払利息が抑えられたことで3期連続の最高益となった。

売上高にあたる営業収益は3%増の163億円。八千代市で大規模マンション開発が相次ぐなどで沿線人口が増え、年間輸送人員は3%増の5570万人となり、過去最高を更新した。沿線に拠点を置く男子バスケットボールBリーグ「千葉ジェッツふなばし」の観客増も運輸収入を押し上げた。

営業利益は3%増の58億1600万円。鉄道建設・運輸施設整備支援機構に対する有利子負債は18年3月末時点で2601億円残るものの、金利低下で支払利息は26億7200万円にとどまった。経常利益は5%増の31億2800万円だった。

19年3月期の税引き利益は、車両や電子機器の修繕費などが増える影響で27%減の18億7100万円を見込んでいる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン