/

東京・足立、屋内ドローン飛行に指針 23区初

東京都足立区はドローン(小型無人機)の屋内飛行に関するガイドラインを策定した。東京23区では航空法により屋外のドローン飛行は原則禁止されているが、屋内は規制の対象外となっている。区の体育館など11カ所で安全に利用できるようにするため、機体や飛行の条件など一定のルールを定めた。

ガイドラインでは総重量4キログラム以下の機体で、1施設あたり1機までならドローンを飛ばせるとした。飛行速度は原則時速10キロメートル未満。操縦者は国土交通省が公認する講習団体からの技能証明などが必要だ。

ドローン屋内飛行に関するガイドライン策定は23区で足立区が初めて。「趣味や飛行技術の向上のほか、スポーツ競技の空撮を想定している」という。飛行には届け出が必要で、区は7月1日から届け出を受け付ける。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン