2019年6月27日(木)

株手数料、月額制を導入 ワンタップバイ

2018/6/18 19:30
保存
共有
印刷
その他

スマートフォン(スマホ)専業証券のワンタップバイ(東京・港)は18日、同日から株式取引手数料に月額制を導入したと発表した。月額1058円(税込み)を支払えば、何回でも同社が取り扱う日米株の取引ができる。手数料を明確化して投資しやすくし、株取引に慣れた投資家の流出を防ぐ狙いがある。

ワンタップバイは若者など投資初心者を主な顧客とする。これまでは1回の取引が成立するたび0.5%(東京証券取引所などの取引時間中ベース)のスプレッドを手数料としてきた。

だが顧客からは、売買ごとに手数料がかかると「最終的にどれだけのコストかかってしまうのか見えにくい」という声があったという。投資家が売買を繰り返すうちに手数料が他の証券会社に比べて割高になる場合もあった。ワンタップバイによると、月に20万円以上株を売買する顧客は月額制を選ぶことで費用を抑えられるという。

ネット証券などの手数料体系は、1日の売買代金に応じたものが多く、月額制を導入するのは珍しい。林和人社長は「いろいろな形で投資を始めるハードルを下げていきたい」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報