2019年4月25日(木)

インサイド/アウトサイド

フォローする

4番角中、ロッテ浮上のカギ握るバットマン

(1/2ページ)
2018/6/19 6:30
保存
共有
印刷
その他

前評判を覆す健闘といっては失礼か。昨季のパ・リーグ最下位、ロッテが踏ん張っている。昨季はトータルで借金33。交流戦も6つ負け越したが、今季は1試合を残して交流戦勝ち越しを決め、31勝31敗でちょうど勝率5割。まだまだ上を狙えるポジションをキープしている。(記録は17日現在)

チームを勢いづけているのが角中勝也(31)だ。決して喜んでそこに座っているわけではないようだが、「4番打者」として打線の中核の役目をこなしている。

球界屈指のバットマンである角中は徐々に打撃の調子を上げていった=共同

球界屈指のバットマンである角中は徐々に打撃の調子を上げていった=共同

今季は故障で出遅れた。開幕直前の3月20日のオープン戦で、飛球を取りにいってフェンスに激突し、腰や背中を強打した。痛みが引かず検査をすると、「第12胸椎圧迫骨折」で全治5週間との診断。開幕のベンチに角中の姿はなかった。

1軍合流、チームに勢い生む

代わって4番に座ったのが5年目、体重119キロの井上晴哉(28)。懸命にその任を果たしてきたが、いかんせんスタミナがない(6月13日にへんとう炎で登録抹消)。毎年「(活躍するのは)春先だけ」といわれるように、調子は間もなく下降線をたどった。そんなタイミングの5月11日、角中に1軍へのゴーサインがくだった。全治5週間だから、ほとんどぶっつけ本番だったはずだが、そこは球界屈指のバットマンだ。復帰2戦目に適時三塁打を放つと、徐々に調子を上げ、現在の打率は3割2分5厘、22打点。復帰した時点でチームは13勝18敗の借金5だったが、5月11日以降は18勝13敗。角中復帰がその要因となったことは間違いなかろう。

交流戦は1試合を残して、64打数25安打の3割9分1厘で12球団トップである。6月2日の広島戦(ZOZOマリン)は3安打1四球で7-3の勝利に貢献した。第1打席は初回1死一、二塁から「前日負けているので、先に点がほしかった」と外角にバットを合わせて三遊間突破の先制タイムリー。七回には右翼席へ2号2ランを放り込んだ。無死一塁で、広島バッテリーが一塁走者の中村奨吾(26)の足を警戒する中、カウントは3-2になり、角中は「イメージは奨吾が走って(自分は引っ張って)進塁打。あとは後ろに任せる感じ」だった。そして中村がスタートを切った6球目のストレートをしっかりとらえると、進塁打どころかスタンドまで届く見事な一撃に。序盤の4点リードが六回に反撃を受けて1点差に迫られていた七回の攻撃。再び流れを引き寄せる値千金の一発だった。

  • 1
  • 2
  • 次へ

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

17年ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

インサイド/アウトサイド 一覧

フォローする
先発の二枚看板の則本昂、岸を欠く非常事態に新戦力の福井が2勝と役割を果たしている=共同共同

 楽天が好調だ。昨季は最下位。オフにリーグ覇者西武から打点王の浅村栄斗がフリーエージェント(FA)移籍で加わったとはいえ、選手層はなお厚みに欠ける。開幕前には投手陣の柱、則本昂大が右肘手術で戦線を離脱 …続き (4/23)

4日の楽天戦でオープナーが機能せず、終盤に大量リードを許してベンチで腕組みする日本ハム・栗山監督(中央)=共同共同

 6日のプロ野球、日本ハム―西武戦(東京ドーム)。両軍無得点の三回、1週間前に先発した金子弌大が2番手で登板すると場内がざわめいた。先発の加藤貴之は二回まで3奪三振の好投。直前までベンチ前でキャッチボ …続き (4/9)

上茶谷はオープン戦初登板となった7日の中日戦で4回を完璧に抑えた=共同共同

 近年のDeNAはドラフト1位の新人投手が活躍している。2015年に37セーブを挙げて新人王になった山崎康晃から始まり、16年の今永昇太は8勝(9敗)、17年の浜口遥大と18年の東克樹は2桁勝利して投 …続き (3/26)

ハイライト・スポーツ

[PR]