2019年9月16日(月)

日本サッカー世界への挑戦

フォローする

王者ドイツに忍び寄る1次L敗退のジンクス
サッカージャーナリスト 大住良之

(1/2ページ)
2018/6/18 18:00
保存
共有
印刷
その他

前回大会優勝の欧州チームは1次リーグで敗退する――。その不吉なジンクスは今回も生きているのだろうか。

準決勝でブラジルを7-1で下すなど、サッカーの2014年ワールドカップ・ブラジル大会で圧倒的な強さをみせ、4回目の優勝を飾ったドイツ。しかしメキシコを相手にした今大会の初戦は0-1の敗戦。02年大会から続くジンクスがまたも繰り返されてしまうのかと、心配する声が上がっている。

02年大会のフランス(1998年大会優勝)、10年大会のイタリア(06年大会優勝)、14年大会のスペイン(10年大会優勝)と、このところ3回連続して前回大会優勝の欧州チームが初戦で勝てないことが続いている(06年大会のブラジルは3戦全勝で1次リーグを突破し、準々決勝でフランスに敗戦)。そして縁起が悪いことに、この3チームはそろって1次リーグで姿を消しているのだ。

ドイツは圧倒的に試合を支配し、メキシコのゴールに25本ものシュートの雨を降らせた。しかしその多くはペナルティーエリア外からのもので、一回もゴールを破れず、逆に12本(後半は3本だけ)のシュートだったメキシコに痛恨の1点を許した。

攻撃に欠けたダイナミックさ

GKノイヤー、DFボアテング、フンメルス、MFケディラ、クロース、エジル、ミュラーら前回優勝のメンバーが残っているドイツ。しかしその攻撃には前回のようなダイナミックさはなく、ボールを支配しているものの、最後のところでメキシコの守備の網を突破しきれない時間が長かった。

「速く攻めきる」というオソリオ監督のプランをメキシコの選手たちが実行した=三村幸作撮影

「速く攻めきる」というオソリオ監督のプランをメキシコの選手たちが実行した=三村幸作撮影

もちろん、試合だから相手の出来不出来も大きく関係する。この試合のメキシコは攻守に見事なプレーをみせた。「速く攻めきる」というオソリオ監督のプランを選手たちが実行し、カウンターで繰り返しチャンスをつくったのだ。

決勝ゴールもカウンターだった。ドリブルで攻め込もうとしたドイツのケディラにメキシコMFエレラが激しくチャレンジ、スライディングしながらケディラの足元のボールに触れた。自陣ペナルティーエリア前でこぼれ球を拾ったメキシコDFアジャラは時間をかけずに最前線のFWエルナンデスの足元に強いボールを入れる。エルナンデスがサポートするMFグアルダドにワンタッチで落としてターンすると、くらいついたドイツのフンメルスは完全に置き去りにされ、さらに悪いことに滑って倒れた。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

W杯関連のコラム

電子版トップスポーツトップ

日本サッカー世界への挑戦 一覧

フォローする
日本代表では冨安(左)ら若い世代が急速に台頭し、今回が欧州クラブ所属選手として初めてのW杯予選という者も多い=共同共同

 サッカーの2018~19年シーズン、欧州のトップリーグで最も安定してハイレベルのプレーを見せたのは、ドイツのアイントラハト・フランクフルトに所属する長谷部誠だった。

 このシーズン中に34歳から35歳 …続き (9/5)

 浦和は蔚山に勝利しACLで8強入り。2年ぶりの優勝を目指す=共同共同

 猛烈な暑さもようやくピークを過ぎたばかりだが、サッカーでは「カップ戦の秋」と呼ぶべき季節がスタートする。
 「カップ」と言えば「ワールドカップ」。2022年カタール大会に向けてのアジア2次予選。日本は …続き (8/22)

 鹿島の安部裕葵はスペイン1部のバルセロナへ=共同共同

 ことしの夏は、Jリーグ1部(J1)でも例年にない、選手の「大移動」があった。「期限付き移籍」を含め、若手を中心に欧州への移籍が10人を超し、8月5日現在でJ1からJ1への移籍も17人を数えた。
 国際 …続き (8/8)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。