最新ニュース

フォローする

ドイツがいきなり窮地 王者に不吉なジンクス

2018/6/18 7:32
保存
共有
印刷
その他

ドイツのゴメス(右)のヒールシュートもメキシコのGKオチョアに防がれる=三村幸作撮影

ドイツのゴメス(右)のヒールシュートもメキシコのGKオチョアに防がれる=三村幸作撮影

世界王者として迎えた初戦をドイツが4度目で初めて落とした。2002年大会のフランス、10年大会のイタリア、14年大会のスペインと、欧州産の世界王者は次の大会で初戦に勝てず、1次リーグで消えることが続いている。ドイツもその葬列に並んでしまうのか。

試合を通じて動きが重い選手が目立ったのは、コンディションのピークを1次リーグには持ってこれない優勝候補に固有の足かせか。メキシコには昨夏のコンフェデレーションズカップで2軍同然のチームで大勝した。その油断があったことも否めないだろう。

レーウ監督にねじを巻かれた後半の猛攻は迫力があった。追加点を与えるリスクは承知の上で攻め駒を次々に投入したのは王者の意地というものだろう。浴びせたシュートは25本。クロースのゴールバーをたたくFKもあった。が、メキシコの軽業師のようなGKオチョアがネットを揺らすことを認めなかった。

10年南アフリカ大会の3位決定戦から続いたW杯の無敗記録も8(7勝1分け)で止まった。レーウ監督は「今日は前半の出来がひどすぎた。選手は落胆しているが、とにかく前を向いて次のスウェーデン戦に勝つしかない」。優勝争いの本命がいきなり剣が峰に立たされた。

(モスクワ=武智幸徳)

最新ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

日本代表のコラム

W杯関連のコラム

電子版トップスポーツトップ

最新ニュース 一覧

フォローする
サッカー日本代表コーチで、東京五輪男子代表監督の森保一氏=共同共同

 日本サッカー協会は20日、次期日本代表監督を議論・推挙する技術委員会を開き、関塚隆・技術委員長に選任を一任した。東京五輪男子代表監督の森保一氏(49)が最有力候補で、26日の理事会での承認を経て正式 …続き (2018/7/20)

 日本サッカー協会は20日に東京都内で技術委員会を開き、東京五輪男子代表の森保一監督(49)が最有力候補となっている次期日本代表監督などについて議論する。委員会を経て、年齢制限のない日本代表と原則23 …続き (2018/7/19)

優勝を果たし、喜ぶエムバペ(左端)らフランスの選手=三村幸作撮影

 ロシアで開かれたワールドカップ(W杯)は、サッカーにまつわる様々な常識が揺さぶられ続けた32日間だった。
 優勝したフランスのデシャン監督も「このようなW杯は記憶にない」と話した。「タフでインテンシテ …続き (2018/7/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]