最新ニュース

フォローする

メキシコ、周到に磨いた堅守速攻 王者ドイツ振り切る

2018/6/18 6:00
保存
共有
印刷
その他

前半、先制点を挙げたロサノ(左から2人目)と喜ぶメキシコイレブン=三村幸作撮影

前半、先制点を挙げたロサノ(左から2人目)と喜ぶメキシコイレブン=三村幸作撮影

ピッチに、ぬるい選手は一人もいなかった。常とは違う次元の力を振り絞らないと勝てない相手だったからだ。世界王者のドイツを破るゴールを決めたロサノが言う。

「今日は全員が偉大なワーカーだった。それがこの結果につながったんだ。サッカー人生で一番のゴールかって? もちろん、そうさ」

過去11戦して1勝5分け5敗のドイツにメキシコが勝った。6大会連続で1次リーグを突破している中米の雄だけに、この勝利を「金星」と呼ぶわけにはいかない。しかし、連覇を狙うドイツを初戦でつまずかせた功績は計り知れない。大会を一挙に戦国モードに突入させたからだ。

昨夏のコンフェデレーションズカップでは1-4で駆逐されていた。W杯本番で同組になると決まった時から、コロンビア人のオソリオ監督は「打倒ドイツ」の6カ月計画を始動させた。その成果を選手は全身全霊を傾けて世に問うた。

監督の口からは全貌の一端が明かされただけだが、堅守速攻の段取りを精緻に組み立てたのは間違いない。動きが緩慢なフンメルス、ボアテングの両CBをトップ下のベラがスピードでかき回す。一対一のボールの争奪戦では、間合いを詰める厳しさで体格に勝るドイツを脅かす。勇敢にインファイトを挑む姿は、この国が生み出すあまたの有能なボクサーとシルエットが重なった。

逆襲に転じたとき、効果を発揮したのはタックルに来る1人目をかわすテクニックとドリブルで駆け上がる走力だった。ドイツの中盤はエジル、クロースとボランチタイプが多い。真っ向勝負を挑まれると存外、受けには弱い。とどめを刺し損ねただけで、スコアは2-0、3-0と開いてもおかしくなかった。

ドイツの猛攻に耐え、逃げ切りに成功するとスタジアムは「メヒコ、メヒコ」の大合唱。会心の策にオソリオ監督は言葉も弾む。

「この偉大な結果をすべてのメキシコのファンにささげたい」

(モスクワ=武智幸徳)

最新ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

日本代表のコラム

W杯関連のコラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

最新ニュース 一覧

フォローする
サッカー日本代表コーチで、東京五輪男子代表監督の森保一氏=共同共同

 日本サッカー協会は20日、次期日本代表監督を議論・推挙する技術委員会を開き、関塚隆・技術委員長に選任を一任した。東京五輪男子代表監督の森保一氏(49)が最有力候補で、26日の理事会での承認を経て正式 …続き (2018/7/20)

 日本サッカー協会は20日に東京都内で技術委員会を開き、東京五輪男子代表の森保一監督(49)が最有力候補となっている次期日本代表監督などについて議論する。委員会を経て、年齢制限のない日本代表と原則23 …続き (2018/7/19)

優勝を果たし、喜ぶエムバペ(左端)らフランスの選手=三村幸作撮影

 ロシアで開かれたワールドカップ(W杯)は、サッカーにまつわる様々な常識が揺さぶられ続けた32日間だった。
 優勝したフランスのデシャン監督も「このようなW杯は記憶にない」と話した。「タフでインテンシテ …続き (2018/7/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]