最新ニュース

フォローする

日本はセットプレーなど確認、初戦開催地へ移動

2018/6/17 23:23
保存
共有
印刷
その他

コロンビア戦に向け、カザンで調整した長友(左端)、槙野(中央)ら日本イレブン(17日、カザン)=共同

コロンビア戦に向け、カザンで調整した長友(左端)、槙野(中央)ら日本イレブン(17日、カザン)=共同

【カザン(ロシア)=岸名章友】日本代表は17日、ベースキャンプ地のカザンで冒頭以外を非公開にして練習した。岡崎(レスター)は両ふくらはぎに張りがあるため室内で別メニュー調整。カザン入りした14日から全体練習に合流できておらず、19日午後3時(日本時間同9時)開始のコロンビア戦に出場できるかは微妙な状態だ。

最終段階の準備として15、16日は連日で紅白戦とともにセットプレーを入念に確認した。「(コロンビア戦では)カギになるし、CKやFKで主導権を握るくらいでなければ」と槙野(浦和)は話す。

「相手守備の中央は固い。どういう形でボールを入れるか話し合って練習できている」と長友(ガラタサライ)。西野監督は「まともにセットしたのでは(チャンスにならない)という部分もある。変化させたものは使いたい。思い切ったセットプレーがあれば」と、意表を突くサインプレーもにおわせた。

岡崎の状態とともに、西野監督が気にかけるのはピッチの深めの芝だ。「ボールが走らない。練習でもパスやドリブルが引っかかっている。最終ラインのパス回しなどは気をつけないと」と長友も注意を促していた。

日本代表は練習後、初戦の開催地となるサランスクへ移動した。

最新ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

日本代表のコラム

W杯関連のコラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

最新ニュース 一覧

フォローする
サッカー日本代表コーチで、東京五輪男子代表監督の森保一氏=共同共同

 日本サッカー協会は20日、次期日本代表監督を議論・推挙する技術委員会を開き、関塚隆・技術委員長に選任を一任した。東京五輪男子代表監督の森保一氏(49)が最有力候補で、26日の理事会での承認を経て正式 …続き (2018/7/20)

 日本サッカー協会は20日に東京都内で技術委員会を開き、東京五輪男子代表の森保一監督(49)が最有力候補となっている次期日本代表監督などについて議論する。委員会を経て、年齢制限のない日本代表と原則23 …続き (2018/7/19)

優勝を果たし、喜ぶエムバペ(左端)らフランスの選手=三村幸作撮影

 ロシアで開かれたワールドカップ(W杯)は、サッカーにまつわる様々な常識が揺さぶられ続けた32日間だった。
 優勝したフランスのデシャン監督も「このようなW杯は記憶にない」と話した。「タフでインテンシテ …続き (2018/7/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]