/

この記事は会員限定です

メキシコ大統領選、石油開放反対の左派候補を企業警戒

[有料会員限定]

【メキシコシティ=丸山修一】7月1日投開票のメキシコ大統領選で新興左派の野党候補が独走態勢を固めつつある。汚職や犯罪を抑止できない現政権への有権者の不満を受け止めている。最低賃金や年金支給額の引き上げのほか、油田開発などの民間開放の停止、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉における対米強硬姿勢などポピュリズム(大衆迎合主義)といえる政策を並べる。企業は身構え始めた。

首都メキシコシティから北方へ車...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1341文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン