NECやパナ、インドIoTに照準 都市建設や安否確認で

2018/6/17 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本の電機・情報各社がインドであらゆるモノがネットにつながるIoT事業に相次ぎ乗り出す。NECは現地初の研究所を設け、次世代都市「スマートシティー」を整備。パナソニックはスマートフォン(スマホ)を使う子どもの安否確認サービスを始める。インドは社会インフラが未整備な一方、国を挙げて行政サービスなどのIoT化を進めており、商機が広がると判断した。

NECは7月、現地で初となる研究所をムンバイに設ける…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]