/

栄氏、至学館大監督を解任 「反省ない」と学長

(更新)

レスリング女子の伊調馨選手(ALSOK)らに対するパワーハラスメント行為が認定された栄和人氏について、至学館大の谷岡郁子学長は17日に記者会見し、レスリング部監督を解任すると発表した。谷岡学長は「全く反省できていないと思わざるを得ない。このチームを率いるにはふさわしくない」などと理由を述べた。

全日本選抜選手権開幕の14日に栄氏が謝罪会見を開き、至学館大監督として現場復帰した。谷岡学長は、栄氏が大会中に知人と昼食に出掛けたことなどを挙げ「選手とともに歩んでほしいと何度も言った。監督業を真剣にやろうと集中しているとは思えない状況だった」と説明した。

至学館大は栄氏の指導を受ける学生や卒業生らにカウンセラー立ち合いの下、聞き取り調査を実施し、過去の不適切な言動や運営が判明したという。谷岡学長は5月24日に理事会を開き、栄氏を減俸処分としたことも明らかにした。

谷岡学長は副学長の吉田沙保里選手には事前に伝えており「仕方がない」と納得したという。2020年東京五輪に向け、今後の体制はコーチ、選手らが相談して決めるが、吉田選手に監督就任を打診する可能性については「あり得ると思う」と否定しなかった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン