少子社会の静かな渇望 不妊治療の夢と現実
ドキュメント日本

2018/6/17 15:23
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

女性の社会進出や晩婚化を背景に、不妊に悩むカップルが増えている。人気のクリニックは子供を望む夫婦が殺到。多くの女性が仕事を抱えながら診察に通い、体外受精などの高度不妊治療による出生児は年5万人を超えた。赤ちゃんが欲しい――。少子社会の裏側に広がる願いと現実を追った。(松浦奈美)

はらメディカルクリニック(東京・渋谷)は1993年、都内で初めて、日帰りで体外受精ができる個人医院として開業した。高度…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]