2018年11月17日(土)

「水素エネ」推し、こだわる経産省 EVシフトで孤立も
霞が関2018

政策研究
コラム(経済・政治)
2018/6/19 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経済産業省が究極のクリーンエネルギーとされる水素を重視する姿勢を鮮明にしている。水素の運搬や水素が燃料の燃料自動車(FCV)開発で、日本の技術の優位性を生かせるからだ。世耕弘成経産相が旗振り役となり、普及策の拡大や予算増額などをもくろむ。ただ、世界的に電気自動車(EV)シフトが進む中、傾斜しすぎるのを危惧する声も強まっている。

■10月に国際会議を計画

「2020年の東京五輪・パラリンピックでは、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

線路はどこまで続くか 北海道新幹線、赤字の現実[有料会員限定]

2018/6/12 6:30

激変ガス市場に惑う日本[有料会員限定]

2018/3/27 6:30

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報