/

この記事は会員限定です

リゾート開発、分かれた選択 沖縄の2つの島

1989年からの視線~土地と日本人(2)~

[有料会員限定]

沖縄本島の東に浮かぶ久高島(沖縄県南城市)は周囲8キロほどの小さな島だ。約180人が暮らす。琉球王国発祥の地とされ、「神の島」とも呼ばれるこの地には独特の制度がある。土地の私有を認めず、住民の「総有」とする。

公有地や電力会社所有地以外は、自治会に当たる「字久高」として登記される。普段はそれぞれの自宅や畑として利用するが、売買はできない。家を建てるときは字総会の許可を得て、島を出るときは字に土地を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1047文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン