2019年9月21日(土)

立憲民主道連、来夏の参院選で勝部氏擁立へ

2018/6/16 12:08
保存
共有
印刷
その他

立憲民主党北海道連合は16日、2019年夏の参院選北海道選挙区(改選数3)に道議会副議長の勝部賢志氏(58)を擁立することを決めた。国民民主党道連など4者で同日結成した「民主連絡調整会議」で確認し、立民道連の佐々木隆博代表が勝部氏に出馬要請した。勝部氏は「誠実に受け止め真剣に考えたい」と述べ、出馬に前向きな姿勢を示した。

立憲民主党道連の佐々木隆博代表(左)と握手する勝部賢志氏(16日、札幌市)

勝部氏は北海道教育大札幌校を卒業後、小学校教諭などを経て2003年の道議選で初当選し、現在4期目。民主党道連幹事長などを務め、14年の衆院選に立候補したが落選した。

参院選道選挙区では、共産党道委員会が元衆院議員の畠山和也氏(46)を擁立することを表明している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。