/

運行1周年で「瑞風」展示 京都鉄道博物館

瑞風(写真左)の運行1周年を記念し、展示された「トワイライトエクスプレス」の新旧車両(16日午前、京都市の京都鉄道博物館)=共同

JR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」の運行1周年を記念して、京都市下京区の京都鉄道博物館で16日、新旧車両が初めて横並びで展示された。17日まで。

午前10時半ごろ、瑞風の先頭車両と客車が、本館1階の車両工場エリアに入線。隣の線路には2015年3月まで運行した旧トワイライトエクスプレスの車両が待ち構え、新旧車両が共演した。

瑞風は17年6月17日に運行開始。「走るホテル」と呼ばれ、1泊2日や2泊3日で関西や山陽、山陰を回り、これまでに約2500人が利用した。

父と弟と訪れた大阪府東大阪市の小学5年、広本風斗君(10)は「大きくてピカピカで迫力があった」とうれしそうだった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン