2018年9月22日(土)

台風6号、沖縄・奄美に接近 記録的短時間大雨も

2018/6/16 9:16 (2018/6/16 13:25更新)
保存
共有
印刷
その他

 台風6号の接近に伴って沖縄県内では16日午前までの48時間の雨量が500ミリを超える地域があり、気象庁は同日、土砂災害の危険性が高まっているとして厳重な警戒を呼びかけた。浸水や河川の増水・氾濫、高波や高潮にも注意が必要だ。

黄円の範囲は風速15m/s以上の強風域、赤円は風速25m/s以上の暴風域、白の点線は予報円

黄円の範囲は風速15m/s以上の強風域、赤円は風速25m/s以上の暴風域、白の点線は予報円

 レーダー解析で同日午前、伊是名島付近で1時間に約120ミリ、伊江島付近で同約110ミリの雨が降ったとみられ、気象庁は記録的短時間大雨情報を出した。粟国島では1時間103.0ミリの雨が降り、同地点で観測史上1位の値を更新した。

 17日午前6時までの24時間予想雨量は、沖縄・奄美の多い地域で200ミリ。台風や前線の影響で大気の状態が非常に不安定になっており、17日にかけて落雷、竜巻などの突風への警戒も必要。海は大しけになりそうだ。

 台風は16日正午現在、那覇市の北北東約60キロを時速約30キロで東北東に進んでいる。中心気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。〔共同〕

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報