最新ニュース

フォローする

ロナルドがハットトリック B組の大一番はドロー

2018/6/16 7:00
保存
共有
印刷
その他

後半、ハットトリックとなる同点ゴールを決めるポルトガルのロナルド=沢井慎也撮影

後半、ハットトリックとなる同点ゴールを決めるポルトガルのロナルド=沢井慎也撮影

勝負事にも「格」や「位」というものがある。あらゆる状況を押しのけて、おいしいところを持っていく選手がいる。ポルトガルを救ったこの夜のロナルドがそうだった。スペインからすると、頭のてっぺんからつま先まで知り尽くしているはずのレアル・マドリードの巨人に3点を奪われた。

「とてもハッピー。私のキャリアにまた一つ大きなものを残せた」。マン・オブ・ザ・マッチに輝いた主役が誇らしげに語る。無得点に終わった先月の欧州チャンピオンズリーグ決勝と比べて、格段に動きがいい。ただしハットトリックはできすぎで、2点にはスペイン側の不手際が絡んでいる。

開始4分。ペナルティーエリアの左隅、ボールをまたいで縦に持ち出すお決まりのフェイントに対し、魔が差したように右SBナチョの足が出た。PK。これをロナルドが自ら決めたとき、プレミアリーグきってのGKと評されるデヘアとの格づけも済んでいたのかもしれない。44分の正面からのシュートを、野球の捕手が後逸するようにデヘアがぽろりとやった。

その後逆転され、敗色濃厚だった88分に飛び出した3点目は、まさにスターのあかし。20メートルあまりの至近から、跳び上がる長身ブスケツの頭越しに直接FKをドロンと落とす。デヘアは地に縫いつけられたように動けなかった。

イベリア半島ダービーというよりも、スペインリーグ選抜とロナルドの対決と銘打つほうが実態に近かった。「この結果はフェアなものだと思う」とロナルドは語ったが、集団としての出し物はスペインが数等優れていた。

気のつく働き者のシルバに、腕に年をとらせぬイニエスタ。中堅イスコはボール回収とシュートで貢献し、ディエゴコスタは守り手3人に囲まれながらゴール左にしぶとくシュートをたたきこむ。ナチョの逆転ボレーも、PK献上の失地を挽回してあまりあるものだった。

それらすべてを帳消しにし、たった3度のチャンスを残らずゴールに変えたスターの底力。「ボールは私たちが支配した。不幸なのはロナルドが相手にいたことだ」。就任3日目の初陣を白星で飾れなかったスペインのイエロ監督の、やや寂しげな感想だった。

(ソチ=阿刀田寛)

最新ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

最新ニュース 一覧

フォローする
サッカー日本代表コーチで、東京五輪男子代表監督の森保一氏=共同共同

 日本サッカー協会は20日、次期日本代表監督を議論・推挙する技術委員会を開き、関塚隆・技術委員長に選任を一任した。東京五輪男子代表監督の森保一氏(49)が最有力候補で、26日の理事会での承認を経て正式 …続き (2018/7/20)

 日本サッカー協会は20日に東京都内で技術委員会を開き、東京五輪男子代表の森保一監督(49)が最有力候補となっている次期日本代表監督などについて議論する。委員会を経て、年齢制限のない日本代表と原則23 …続き (2018/7/19)

優勝を果たし、喜ぶエムバペ(左端)らフランスの選手=三村幸作撮影

 ロシアで開かれたワールドカップ(W杯)は、サッカーにまつわる様々な常識が揺さぶられ続けた32日間だった。
 優勝したフランスのデシャン監督も「このようなW杯は記憶にない」と話した。「タフでインテンシテ …続き (2018/7/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]