2019年7月22日(月)

5月の米鉱工業生産、0.1%低下 市場予測下回る

2018/6/16 2:39
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=長沼亜紀】米連邦準備理事会(FRB)が15日発表した5月の鉱工業生産指数(2012年=100)は107.3となり、前月の改定値から0.1%低下した。4カ月ぶりの低下で、0.2%程度の上昇を見込んだダウ・ジョーンズまとめの市場予測に反して低下した。前年同月比では3.5%上昇した。

製造業が前月比0.7%低下した。自動車部品供給業者の大規模火災で、トラックの組み立てが混乱したことが響いた。自動車・同部品を除くと製造業は0.2%の低下だった。一方、鉱業は1.8%、電気・ガスは1.1%それぞれ上昇した。

設備稼働率は77.9%で、前月の改定値から0.2ポイント低下した。

アマースト・ピアポント証券のエコノミストは「ISM製造業景況感指数をはじめ、さまざまなデータが製造業部門が堅調であることを示しているため、5月の鉱工業生産指数の低下は一時的なものだろう」との見方を示した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。