/

大阪の格安スーパー玉出を売却へ

関西地域で格安店として知られる「スーパー玉出」を展開する玉出ホールディングス(HD、大阪市西成区)が主力のスーパー事業を7月上旬に売却する方向で最終調整していることが15日、幹部への取材で分かった。屋号は当面維持されるが、24時間営業は不採算店を中心に見直しが検討される。

幹部によると、売却先は鶏卵生産大手の「イセ食品」(埼玉県鴻巣市)の関連会社が出資する大阪市内の企業で、従業員の雇用は原則的に引き継ぐ。売却額は約45億円になる見通し。玉出HDはスーパー事業の売却後、大阪府内外の不動産管理事業が中心になる。

売却する理由についてこの幹部は「社長が高齢となり、格安の創業精神を継承する企業が見つかったため」と説明した。

スーパー玉出のホームページによると、大阪府と兵庫県に40店舗余りを展開している。「日本一安売王」をモットーに掲げ「1円セール」などと題したセールを開催し、生鮮食品を含めた格安価格と派手な看板で支持を得てきた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン