/

ナバス、前回8強の立役者 抜群のPKセーブ力

Theフェース コスタリカGK

前回のブラジル大会ではイタリア、ウルグアイ、イングランドと同じ「死の組」ながら、2勝1分けで1位通過。コスタリカ史上初のベスト8の快挙の裏には、この守護神の存在があった。決勝トーナメント1回戦ではギリシャのPKをビッグセーブ。この活躍で世界に名をとどろかせ、大会後にレアル・マドリード(スペイン)への移籍を果たした。

身長185センチ。GKの中では決して大柄ではないが、瞬時に相手選手との距離を詰め、ピンチを摘み取る判断力が光る。レバンテ(スペイン)在籍時の2013年シーズンにはリーグ最多セーブを達成。特にPKのセーブ力は群を抜き、「リーガ・エスパニョーラ史上最高のPKストッパー」とも称される。

そんな名GKもスター軍団で4年過ごし、31歳に。今季は欧州チャンピオンズリーグ3連覇に大きく貢献したが、国内リーグでは宿敵バルセロナに大差をつけられ、連覇を逃した。契約をあと2年残すものの、チームが新たなGK獲得に乗り出したという情報もあり、少しずつ逆風が吹き始めている。

ブラジル、スイス、セルビアと同組の今大会は4年前ほどではないものの、厳しい戦いが予想される。番狂わせの再現はなるのか。キーマンの堅守は、自らの今後の命運も左右する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン