2019年1月17日(木)

ベトナム小売業、外資殺到 零細店多く出店余地
セブン1000店、韓国GS2500店へ

2018/6/15 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

環太平洋経済連携協定(TPP)などに合わせた流通業の規制緩和が進むベトナムで、日本や韓国、タイから外資勢が雪崩を打って進出している。1千~数千店のコンビニエンスストアなど大量出店計画を相次いで打ち出している。ベトナムは1億人近い人口を抱え、中間所得層も拡大。一方で中小零細店が多く、地元勢も含めた大手の出店余地は大きい。

ホーチミン市中心部で「GS25」と書かれたコンビニが目立ってきた。手掛けるの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報