ポーラ、再雇用制度の年齢制限を撤廃

2018/6/15 18:32
保存
共有
印刷
その他

ポーラは定年後の再雇用制度の年齢制限を撤廃すると発表した。従来は65歳までが対象だったが、7月からは年齢に関わらず意欲と能力の高い社員が活躍できるようにする。組織のマネジメント経験などが生かせる働き方も新たに用意し、継続して勤務しやすくする。

従来の再雇用制度は60歳の定年から65歳までで、携わる仕事は社員の専門性や得意な分野を生かした定型業務が中心だった。今後は年齢に関係なく、リーダー経験者などがマネジメントの能力を生かせる仕事も用意するという。

さらに、勤務日数などの希望を踏まえて、柔軟な働き方も可能にする。給与水準は役割によって異なるが、通常の正社員の給与の8割以上を想定している。横手喜一社長は「シニア層にも幅広い役割を担ってもらう」としている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]