2018年12月13日(木)

ソフトバンク、太陽光発電で印政府と協議 6兆円規模

IoT
モバイル・5G
2018/6/15 18:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソフトバンクグループがインドでの大規模太陽光発電所(メガソーラー)開発について、同国政府と詰めの協議に入ったことが分かった。総事業費は600億ドル(約6兆6千億円)を超えるとみられ、ファンドを通じて一部を出資する。サウジアラビアでは20兆円規模の太陽光発電施設を建設することで合意しており、再生可能エネルギー分野でのソフトバンクの存在感が高まりそうだ。

孫正義会長兼社長らが、インド政府と詰めの交渉…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報