/

この記事は会員限定です

ソフトバンク、太陽光発電で印政府と協議 6兆円規模

[有料会員限定]

ソフトバンクグループがインドでの大規模太陽光発電所(メガソーラー)開発について、同国政府と詰めの協議に入ったことが分かった。総事業費は600億ドル(約6兆6千億円)を超えるとみられ、ファンドを通じて一部を出資する。サウジアラビアでは20兆円規模の太陽光発電施設を建設することで合意しており、再生可能エネルギー分野でのソフトバンクの存在感が高まりそうだ。

孫正義会長兼社長らが、インド政府と詰めの交渉をしている。地元メディ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り634文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン