2019年4月20日(土)

持続可能なまちづくり都市、北海道と3市町が選出

2018/6/15 22:00
保存
共有
印刷
その他

政府は15日、国連が提唱する「持続可能な開発目標(SDGs)」推進の一環で、環境問題への配慮など持続可能なまちづくりを進める自治体「SDGs未来都市」を選定した。北海道からは道や札幌市、ニセコ町、下川町の4自治体が選ばれた。このうち先進的な取り組みをする自治体として選出された道内2自治体には補助金を支給する。

政府は全国29自治体を未来都市として選んだ。このうちより進んだ取り組みをする10自治体を「モデル事業」として特出し、道内からはニセコ町と下川町を選んだ。ニセコ町は創業支援などによる「稼ぐ力」の強化や環境に配慮した住宅建設を進める。下川町は情報通信技術(ICT)を活用した林業の一体産業化、再生可能エネルギーの利用拡大を行う。国はモデル事業を認定した2町に最大4000万円の補助金を支給する。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報